髪が絡んで傷まないようにする方法とは?

 

髪が絡んで傷まないようにする方法とは?

 

ユウ
ユウ
髪が絡んだからって無理やりブラシでひっぱったりしてませんよね?
お客さん
お客さん
あっ!やってしまってます(汗)

 

髪を傷めないようにするには6種類のホームケアが大事です。
シャンプートリートメント選び

髪の洗い方!シャンプートリートメントの使い方を教えます!

 

そして今回は3つ目
絡まないようにする
です!

 

トリートメントで絡まない

絡まりを減らしたい時に使うのがトリートメントですね!
でもトリートメントは摩擦が減って絡みにくくなる反面、ベタッと重たくなってしまう事もあります。

使っているシャンプー、汗をかく量、髪質、季節、つける量、つけ方など少し考えながら、トリートメントを選んでみて下さい。

 

ブラシで絡まない

からんでいるからといって力任せにブラッシングをしてはいけませんよ〜!

特に濡れている時は傷みやすく、からみやすいのでこれを使ってみて下さい!

タングルティーザー

 

なぜかブリーチしている髪の毛でもブラシができる代物!

濡れている髪にトリートメントをつけてなじませたい時にもってこいです!

 

乾かせば絡まない

濡れているとキューティクルが開きささくれのようになるので、キューティクル同士が擦れ合い絡みます。

濡れている時

乾いている時

 

寝る時などは必ず乾かしてキューティクルを閉じた状態にして絡まないようにしてください。

 

まとめ

からみを軽減するには、トリートメントを選び、つけ方などを考えて、タングルティーザーでとかしてなじませて、乾かしてしまう!

これで絡み対策はバッチリです!

 

次回は4種類目
「乾かし方」について書きますね!

コメント