薄毛が治るかも!?幹細胞と幹細胞培養液

 

薄毛が治るかも!?幹細胞と幹細胞培養液

 

 

幹細胞とiPS細胞

幹細胞は細胞の種の様な物で、脳、筋肉、骨など色んな細胞組織に変身できる物です。

iPS細胞は幹細胞を人工的に作ったものです。
現在の技術ではまだガン化しやすいなどの問題点もあるので研究中らしいです。

 

幹細胞と幹細胞培養液

幹細胞は先程説明したように細胞の種の様な物でしたよね。

幹細胞に栄養をあたえて増やしていく時にある種のタンパク質を出すのですが、そのタンパク質が 幹細胞培養液になります。

幹細胞培養液は 「サイトカイン」と呼ばれていて、体内にある幹細胞を活性化させる力と、なくなってしまった幹細胞に適した幹細胞を引き寄せる効果があります。

 

幹細胞の弱点

いい事だらけの幹細胞にも弱点があって、どんなに良い細胞を見つけても、いずれ寿命がきて死んでしまうので安定して製品化できないんです(汗)

そんな弱点を補う為にiPS細胞などの人工幹細胞の研究が進められていて、今では細胞の性質を維持したまま不死化する事にも成功しているらしいです。

 

ユウ
ユウ
なんかバイオハザードみたい(笑)
これからに期待できる幹細胞、そのうち薄毛などの悩みがなくなる日がくるかもしれませんね!

コメント