原因は何?暗く染めても 髪の明るくなって しまうんです…

 

原因は何?暗く染めても髪の明るくなってしまうんです…

 

お客さん
お客さん
暗く染めても明るくなってくるんです…
ユウ
ユウ
原因は色々あるけど、まずは髪が明るくなる仕組みを簡単に説明しま〜す!

 

明るくなる仕組み

皆さんもご存知のとおり、髪の表面にはキューティクル、髪の中にはメラニン色素という物があって、紫外線などのダメージから守ってくれています。

カラーをしたり、紫外線をたくさんうけるとメラニン色素は分解され、キューティクルは傷つけられます。

そして、髪が明るくなるのはこのメラニン色素の分解によっておこります。

 

カラーで明るくした髪を暗く染めても明るくなってくる原因は?

1度カラーで明るくなっているという事は、メラニン色素が多く分解されているし、キューティクルも損傷していると考えられます。

キューティクルが損傷していると髪の中に入れた暗い染料も抜け出やすくなるし、紫外線も髪の内側に入りやすいので、紫外線が染料に影響して余計に抜け出やすくなっているんですね。

 

白髪が染めても明るくなってくる原因は?

明るく染めるカラーよりも暗めの白髪染めの方がキューティクルへのダメージは少ないので暗い染料を入れたらしっかり残りそうですよね?

でも白髪はメラニン色素が元から少ないんです。

白髪染めの方がメラニン色素が少ないので、暗い染料で染めても退色していくと明るくなってしまうんです。

 

どちらにしても染めたら必ず退色はしてくるので、希望の色を長い間キープしたい場合は、最初から少し暗めに染めるか、日傘や髪用の日焼け止めなどで紫外線からのダメージを予防してみたり、定期的にカラートリートメントで色素の補充もいいかもしれませんね。

 

白髪染めの退色予防については別のブログで書いてみまーす!

コメント