検証!塩基性カラーの色持ちは!?【大阪守口大日美容室】

 

検証!塩基性カラーの色持ちは!?【大阪守口大日美容室】

 

塩基性カラーって何?しっかり染まるの?

ジアミンとインディゴアレルギーの方必見!塩基性カラーで白髪染め

↑これまでも何度か塩基性カラーがどんな物なのかは書いてきました。

 

塩基性カラー色持ち具合は?

根元1センチ染めたての色

1ヶ月後拡大してみると

1ヶ月たっているので根元1センチは白髪になってて、2センチの部分が前に染めたところ、それよりも先の方はダブルヘナで染めたところになります。

こうやって比べると1ヶ月たつと塩基性で染めたところは、ダブルヘナで染めたところよりもだいぶ薄くなってますよね。

普通のカラー剤で染めたとしても、ここまで退色はしないですがやはり塩基性カラーの方が色持ちが悪い結果になってしまいます。

でもまだ塩基性カラーも改良の余地があるし、色持ちは変わってくると思うので、ジアミンアレルギーの人でも安心してしっかり長持ちするカラーができるように、これからも自分なりにも色々と試行錯誤していってみようと思います。

コメント